新北

2018年

 もともとは台北県で、市に昇格して新北市となりました。
 自分は台北から九份老街十分駅猴硐駅の3箇所へ日帰りで行きました。

 この瑞芳駅の近くのバス停からバスに乗って九份老街へ行きます。また、ここから十分駅がある平溪線の電車に乗れます。

九份老街

 最近の台湾観光で最も有名なところかもしれません。夜の提灯の灯りが良いらしいですが、昼間の景色も良かったです。

 海が見える。


 海を望む斜面に街がある。


 これが夜になったらまた違う感じなのかな。


 土産物屋などが立ち並ぶ基山街の入口。


 いろいろな食べ物屋もある。


 こんな店も。


 観光はこの豎崎路の階段が有名。


 階段は結構急なので、下から上方向に撮影する際は注意。

十分駅

 ここの見所は大きく2つ。まずは商店街の中を通る列車。商店のすぐ前を列車が通り過ぎます。
 そして列車が通り過ぎた後は、線路内が歩行者天国となり、願い事を書いた気球みたいなやつを空に飛ばせます。

 あいにくの雨でした。


 列車が来ます。


 列車が通り過ぎました。


 列車が来ない時間は自由に線路内に入れます。


 こんなふうに飛ばします。


 韓国の方でしょうか。


 駅の周りはこんな感じ。


 吊り橋で川の向こうへ渡れます。

猴硐駅

 この駅を降りるとすぐに猫がうじゃうじゃ。猴硐猫村と呼ばれています。

 ここの猫は全然逃げたりせず、だらけています。


 駅前の商店。


 首輪をした白猫がいたずらしようとしています。


 やっぱりだらけてます。


 ここでも。


 ここでも。


 ここでも。


 サビ猫姉妹もいます。


 オブジェではありません。


 駅の全景。


 元々ここは炭鉱の街だったようです。


 ここで猫型のパイナップルケーキを買いました。味も良いし、パッケージも良いのでおすすめです。


 店の中にも猫がいました。

ツイートツイート