台南

2004年 2005年 2006年

 昔は台湾の中心だったみたいで、それなりに遺跡とかがあります。あまり興味を引くのはありませんが。
 名物は担仔麺です。酒を飲んだ後の軽く一杯にちょうどいいです。

赤嵌楼

 街中にあります。周りには日本人向けのスナックがいっぱい。担仔麺の店もあります。
 もともとはオランダ人が作ったのを、鄭成功が使ったところみたいです。
 入場料50元で、自分の顔写真入りのカード?まで作ってくれました。

大南門

 台南も城壁で囲まれていたのでしょうか。
 行ってませんが、東門も残ってるみたいです。
 →2006年に行きました。

安平古堡

 ここもオランダ人が作って、鄭成功が使ったところ。台南の中心からは結構離れてます。
 城の周りが城下町というか、古い街になってるので、土産物屋とかがたくさんあり、ぶらぶら歩くのも楽しいです。

億載金城

 ここもまた中心地から離れた場所にあります。
 お腹空いたまま行ったら、食べ物屋とかが近くになくて困りました。ちょっと高そうなレストランはありましたが。結局、ソーセージを売ってたので、それを食べました。あとは、イモとかしかありませんでした。
 で、ここは、大砲のレプリカなどがあります。

大東門

 迎春門と呼ぶみたいです。
 タクシーで「大東門」とか「迎春門」と言っても全然通じませんでした。わざわざこんなところに行く人なんかいないと思われます。「東門路」と言ったらやっと通じました。

小東門

 成功大学内にありますが、大学に入らなくても道から柵越しに見ることができます。
 両側に城壁が残っています。

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.