恒春

2005年

 高雄からバスで2時間くらい。台湾では一番南の町みたいです。もうちょっと南に行けば、墾丁国家公園というのがありリゾート地みたいですが、行ってません。自分がわざわざここに来た目的は清代の城壁が残ってるとガイドブックに書いてあったからです。滞在わずか2時間ほどでした。

城門・城壁

 東西南北すべての門が残ってます。
 これは南門。一番綺麗に修復されてます。
 道路になっているので両側の城壁が切断されていますが、その道路のとなりに未修復の城壁を見ることができます。


 ほぼ一周、城壁がだいたい残ってます。
 このへんは修復されてます。

出火奇観

 地面からガスが漏れて、それに火がついてるみたいです。あまり大したものではないです。
 木の柵がありますが、火は全部柵の外から出てました。
 この火を利用して、とうもろこしとかを焼いて売ってます。
 東門を抜けてしばらく歩くとあります。入場無料。

戦車

 街から出火奇観に行く途中で軍が演習みたいのをしていました。警備の人もいたりしたので、さすがにその時は写真を撮れませんでしたが、帰るときにまた通ると、お昼時だったからか誰もいませんでした。
 戦車を置いたまま誰もいなくなっていいのかなあと思いつつ、写真を撮りました。

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.