ネパール(ポカラ・ルンビニ)編

無職長期旅行その4 第12章


73日目 ポカラへ移動

 朝こっそり起きて部屋を出る。結局部屋の人を起こしてしまったが。
 歩いてバス乗り場まで行く。バスに乗って待っていると、昨日会った日本人や一昨日会った日本人がやってくる。他にも数人日本人がいた。
 バスは2回休憩を経て、14時ごろポカラに到着。Horizonという宿の人が勧誘してきたので、そこへ行くことにする。バスの中で会った日本人とツインをシェアすることにする。
 ちょっとゆっくりしてから、遅い昼御飯を食べる。DBモモという店に行き、しょうが焼き定食を食べる。値段は100Rsと安いが、やはりカトマンドゥのレベルではない。
 そしてインターネットカフェに行く。一時間80Rsとカトマンドゥより高い。
 店を出ると、ちょうと部屋をシェアしてる日本人と会う。いっしょに宿に帰る。
 今日は18時から21時まで停電になる聞いていたおり、宿に帰ってしばらくすると、やっぱり停電になった。夕御飯を食べに行くというので、自分もお腹は減ってないが、することがないので行くことにする。
 またDBモモに行き、自分はビールを飲む。ちょうど日本人女性がいたので、一緒に話す。またしばらくすると一昨日会った日本人も来たので、4人で話をする。結局22時半ごろまでいた。


 次の日には曇ってしまったので、この日に写真を撮っておいて良かった。


74日目 ポカラでゆっくり

 同部屋の日本人が起き、山登りに出かけてから自分も起きる。日記を書いたりして、シャワーを浴びようとするが、お湯が出ないのでやめる。
 宿にランドリーをたのみ、朝食に出かける。昨日行ったDBモモにいると、昨日会った日本人女性が来たので一緒に御飯を食べる。
 11時半過ぎに宿に戻り、シャワーを浴びる。まだ熱々ではないが、まあ大丈夫。自転車を借りて出かけようかと思ったが、やはり溜まった日記を書くことにする。しばらくすると同室の日本人も帰ってくる。
 それから、インターネットをしに行く。1時間だけして、いつものDBモモへ向かう途中で、カトマンドゥで会ったお医者さんに会う。ちょうどDBモモへ向かうところと言う。一緒に行って、ビールを開ける。他の日本人も集まり、それから21時半くらいまで。


75日目 ポカラを歩く

 朝こっそり起きて、朝ご飯へ。またいつものDBモモへ。そしたら昨日も会った日本人女性がいた。しばらくすると、同室の日本人もやってきた。
 10時ごろ、バスのチケットを買いに宿に戻る。
 宿でちょっとゆっくりして、洞窟へ行くことにする。自転車を借りようかと思ったが、それほど遠くなさそうだったので歩いていくことにする。を見て、洞窟を見て、それからチベット村へ行こうとしたが、どこにあるかよく分からなかったのでやめた。それから国際山岳博物館へ。お腹が空いて、あまりゆっくり見なかった。帰りは疲れたのでタクシー。
 それから、またDBモモへ行って、遅い昼御飯。すぐに夕御飯なので軽めにトゥクパを食べる。
 それから宿へ帰ると、同室の日本人がすでに帰っていた。なんでも風邪を引いてしまったらしい。
 しばらくしてから、一緒に御飯を食べに出る。またDBモモ。しばらくすると他の日本人もやってくる。しかし同室の日本人は、かなり体調が悪化したらしく、結局何も食べずに宿に戻る。自分らはまた23時近くまでいた。


 宿からの景色。


 牛と花と湖。


 木。


 滝。ここからは見えませんが。
 乾季のため水量が少ないらしい。


76日目 ルンビニへ移動

 6時半に目覚ましで起きる。自分はルンビニ、同室の日本人はカトマンドゥへ帰る。宿の前にパンを売りに来たので、朝ご飯としてそれを買う。タクシーでバスターミナルへ。
 バスには日本人はいなかった。外国人が数人かいたが、ほとんどは現地の人だった。昼休憩があったが、お腹が空いてなかったので何も食べず。
 15時過ぎにバイラワに到着。他2人の外国人も降りる。一緒にローカルバスに乗り、ルンビニへ。最終点まで行き、バスの中で宿の勧誘をされ、その人についていく。少々高いので他2人の外国人は他の宿へ行く。自分は面倒なので、そこへ泊まる。
 宿でゆっくりするが、すぐに停電になる。しばらくすると復旧するが、日記を書くとかしか特にすることがない。
 夕御飯は宿で。あらかじめフライドライスをたのんでおいた。食事の場所へ行くと、ポカラの宿にいた日本人2人がいた。ちょうど今日着いたらしい。6時台発のバスで来たらしい。食事中にたびたび停電する。
 部屋に戻ると、なんだか外が騒がしい。何か祭りのようなことをしているのだろうか。22時半ごろまで続く。


 途中の休憩場所。


 上の写真と同じ場所。


77日目 ルンビニ観光

 5時過ぎくらいから目が覚める。朝から外が騒がしい。
 6時半ごろ起きて、準備をして出かける。外へ出ると、宿の人に自転車に乗るかと言われ、そうすることにする。自転車で釈尊の生誕地を目指す。入場料を払うが、カメラ代75Rsは払わなかった。しかし、中でやはり写真が撮りたくなり、こっそり撮ってしまった。
 それから、すぐ外にあった食堂で朝ご飯を食べ、また自転車に乗り、博物館へ。途中の道は、まだちゃんとできていないようで、かなりの悪路。博物館に着くが、10時OPENで、まだ30分ある。ガイドブックを読んで時間をつぶす。
 博物館が開き、見学後、遠回りをして宿へ帰る。
 宿に戻りチェックアウトをして、バイラワ行きのバスに乗る。
 1時間ほどでバイラワに到着。降りたところに食堂があったので、昼御飯にする。
 それから国境のスノウリ行きのジープに乗る。1台に運転手を含め20人乗っていた。
 今日はスノウリで宿泊しようと考えていたが、まだ14時なので、やはりインドに入ってしまうことにする。インドに入ると換金レートが悪いようなので、ここで換金する。またゴーラクプル行きのバスのチケットも買う。こっちでチケットを買うと、もし乗れなかったらを考えると危険だが、インド人よりもネパール人を信用してみる。
 出国手続きをし、歩いて国境を越え、無事インドへ入国。
 バス乗り場へ行くと、無事バスにも乗れる。しかし、なかなか出発しない。しかも、しばらくすると荷物代がナントカカントカで50Rs請求される。なんだが怪しかったが面倒くさいので払ってしまう。結局、乗ってから1時間くらい経ってからようやく出発する。
 3時間くらいでゴーラクプルに到着。ちょうど18時ごろで、もう日は暮れている。ホテルがたくさんあるところがあり、そこは駅前だった。
 200Rsのシングルルームに決める。そしたら175Rsにまけてくれる。
 ちょっとゆっくりしてから夕御飯を食べに出る。今日3食目のカレー。別の店でチャイを飲んで、宿へ帰る。


 釈尊の生誕地の周りの堀。


 建物内が釈尊の生誕地。


 建物の中。


 火がある。


 いろんな国の仏教信者が建てた寺。


 第13章へ続く

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.