パキスタン編

無職長期旅行その4 第7章


39日目 パキスタンに入国

 朝起きて日本人2人と一緒に散歩する。バスの時間に戻るが他の人は誰もいない。
 出発予定時刻から30分経ってからバスは出発する。国境ゲートに着くと、他の人は全員そこで待っていた。
 出国手続きをする。荷物はレントゲン検査をしただけで、特別な検査はなかった。それからバスに乗り込み、しばらくバスが走り、また中国の関門を過ぎて、峠の最高らしきところを過ぎるとパキスタン側の検問があった。
 それから山を降りていき、スストに到着。そこで入国審査。その後に荷物検査があり、その間に換金を済ませる。
 それからまたバスに乗り込み、アリアバードまで。 バスのチケットはスストまでだったので、後で追加料金を払う。アリアバードに着くまでにあたりは暗くなる。そこからカリマバードまでは韓国人がジープを手配してくれる。
 同郷の日本人とコショーサンGHという宿に行く。中に入ると停電中らしいので、先にディナーを頼み食事をする。
 食べ終えてから、部屋に案内してもらう。まだスイーツがあるらしいので、荷物を置いてダイニングに戻る。スイーツのプリンを食べ、しばらく本を読んだり、話をしたりする。外は雨が降っている。明日の天気が心配。


 道中。


 道中。


 道中。


40日目 フンザを散歩

 朝起きると、雨は降っていないが、すこし曇っている。しかし、それでも景色の良さにびっくり。
 日本人と一緒に宿で御飯を食べようとするが、誰もいないのでそのまま出かける。しばらく歩くとレストランがあったので、そこで卵とチャパティーを食べ、チャイを飲む。そうしてると天気が晴れてくる。景色がまた良くなる。
 それからバルティットフォートへ。中に入ることにする。昨日バスで一緒だった西洋人2人もいて、ガイドと一緒に入る。
 それからいったん宿に帰る。宿で昼御飯を食べ、ゆっくりしてからアルティット村へ向かう。途中で宿にいた別の日本人と会う。
 宿に戻るとスペイン人が部屋にいた。
 それからバスで一緒だった韓国人に食事を招待されていたので、指定された場所へ向かう。韓国料理で美味しかった。しかし食べ終わってしばらく話をしていると熱っぽくなる。もしかしたら風邪?これはやばいと思い帰ることにする。
 帰り道、星がとてもきれいだった。宿に着いたら、さっさと寝る。


 バルティットフォート。ポタラ宮に似ていると思ったら、やはり建築にチベット人が関わってるらしい。


 いい景色なので、同じ景色を何度も撮影してしまいました。


 バルティットフォートの下に学校がありました。どうやら男子校みたい。
 この辺には金髪の人が多くいます。何でもアレクサンダー大王の末裔とか。


 アルティット村の女の子。


41日目 また体調が悪い

 朝起きると、やはり体調が悪い。昨日夕食の時にウルタル氷河へ行く約束をしていたが、申し訳ないが行くのはやめることにする。
 とりあえず宿で朝ご飯を食べ、その後は漫画を読む。
 昼になったので、昼御飯を食べると、日本人がいたのでしばらく話す。
 その後はまた漫画。ナウシカを4巻まで読むが、続きは誰かが持っているらしく本棚にない。
 夕御飯を食べ、体調が良くなったので、ダイニングでそのまま話をする。
 しばらくして寝ることにする。部屋に戻る前に夜空を見上げると、今日も星がきれい。流れ星を見る。


42日目 トレッキングに挑戦

 今日は体調が良さそう。朝ご飯を食べ、少し散歩をする。
 昼は同郷の日本人が中国で買った米でおにぎりを作ったので、それをいただく。
 その後、昨日行けなかったウルタル氷河方面に行く。 昨日一緒に行く約束をしていた日本人は、韓国人と一緒に昨日行ったけれど、今日も自分と一緒に行ってくれると言う。しかし、途中から道がなくなってるので、途中までしか 行っていないらしい。それでも片道1時間半くらい歩き、綺麗な景色が見れた。氷河は見れなかったが、道なきところを進めば見れるらしい。
 宿に戻り、少ししてから夕御飯。今日は他の宿に泊まっている韓国人がたくさん来てる。食べた後はさっさと退散。
 しばらく部屋で本を読んだりしてると下痢になる。サラダに唐辛子が入っていたのが原因かも。


 ヤギ。


 ポプラが黄色くなっていい感じ。


43日目 ナウシカを読み終える

 朝起きて、朝ご飯を食べる。やはり下痢気味。
 その後、日本人が近くの宿に遊びにいくというので、自分も着いていく。
 こちらにナウシカの5巻以降があると思い、聞いてみるとやはりあったので、部屋に帰りそれを読む。5・6巻を読み、同郷の日本人が昼御飯を食べに行くというので、自分も行く。帰りにラピスラズリを買う。
 宿に帰って7巻を読み終了。シャワーを浴びる。その後、インターネットをしに行く。
 今日は祭りらしいが、山から火が落ちてくるだけで大したことはない。宿に戻り食事。
 しばらく話し込んで、部屋に戻ると下痢がひどくなる。


44日目 スストに移動

 下痢がひどく、何度か起きてトイレに行く。よく眠れず、結局11時ごろから行動開始。
 今日でフンザから離れることにする。とりあえず朝御飯を食べ出発準備。 昨日気になっていたマントみたいのも買いに出かける。
 戻ってから宿の清算をして出発。4人で出る。自分ともう一人はススト、1人はパスー、一人はアリアバードまで。宿の前で車を待っていると、すぐに車が止まってくれて、アリアバードまで乗せてくれる。
 そこから、3人でスストへ行く車に乗る。一人はパスーで降りる。
 2時間ほどでスストに到着。ホテルを決め、明日のバスチケットを買い、夕御飯を食べる。その後は、部屋でゆっくりしてから寝る。


 第8章へ続く

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.