北京近郊旅行

(2015年1月)

 昨年4月に中国から帰国して以来、9か月ぶりに中国を訪問することにした。

 休暇期間が確定していなかったのと、旅行へ行くかどうかすらも迷っていたため、航空券を予約したのは旅行出発の前日であった。行先を決めたのもその時で、観光の満足度や航空券の費用を考慮して、北京へ行くことにした。
 航空券は中国東方航空のサイトで直接購入。2489元。レートを1元=19円とすると47,000円くらい。最近になって急激に円安となり、海外旅行者にとっては大ダメージだが、自分は中国元の手持ちがあるため、それほど影響はない。むしろ日本で生活するぶんには得をしている。

 航空券を予約したあとは、慌ててカメラ屋へ行き、新しいカメラのレンズを購入。メインで使用していたズームレンズが随分とへたってしまったからだ。税込で64,800円。今回の旅行で一番の出費となった。

 HD PENTAX-DA 16-85mmF3.5-5.6ED DC WR
 まだ発売されて間もないので、あまり値引きされていない。
 
 
 第1章 北京へ行く

 第2章 承徳の世界遺産を見る

 第3章 北京でお買い物

 第4章 保定の城壁を見る

 第5章 涿州で三国志に触れる

 最終章 日本へ帰国
 
 


ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.