哈密(ハミ)

新疆維吾爾自治区 哈密地区 哈密市(県級市)
2008年9月

 ウイグル自治区で一番最初に訪れました。看板に書かれたウイグル文字を見ると、それらしく感じますが、街は基本的には他の中国の街と同じです。それだけ漢民族が多いのでしょう。

 なぜか凱旋門
 その前には、オリンピックのやつら。

【宿】

 バスターミナル近くの汽運旅館。バストイレなしのシングルが40元。共同シャワーもなさそうな感じだったが、トイレの汚さを見る限り、シャワーがあっても使う気にはなりません。
 他のウイグル自治区の街と同じで、外国人は指定のホテル(渉外賓館)しか泊まることができません。ほとんどがある程度高い(120元以上)ところばかりですが、この汽運旅館みたいにバスターミナルが運営するところは安く泊まれます。

【観光】

ハミ回王陵


 王族の墓で、つい最近の人の墓もありました。
 建物の中だけでなく、外にもたくさん墓があります。
 入場料20元。


 礼拝堂?もあります。ウイグル自治区内のイスラム寺院は大体どこも、こんな感じかと思われます。

ハミ回王府


 ハミ回王陵と裏で繋がっており、紛れこみましたが、係員に見つかって追い出されました。
 普通に入ると20元。
 ほとんど(というか全部?)が新しい建物で、全然面白くないかと思います。

ケイス墓


 中には入れなさそうでした。
 外から見るだけで、入場料はなし。

人民公園


 地図を見る限り、この中に博物館があると思い探したのですが、違う場所でした。
 入場無料。特に何もありません。

ハミ地区博物館


 午後の会館時間が北京時間17時と遅いです。ウイグル時間でも15時です。
 入場無料ですが、ミイラがあったりと、それなりに見ごたえがあったと思います。
 映画館が併設されており、赤壁前編を見ました。(15元)

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.