香港(ホンコン)

香港特別行政区
2003年8月、2008年12月、2009年4月~

 初めての訪問は2003年。中国大陸の劇的な変化と比べると、香港の街はそれほど変わっているようには思えません。実際には大陸の影響が増しているだろうとは思いますが。
 2009年からはしばらく広東省に住んでいたので、度々訪問する機会がありました。ほとんど日帰りですが、3回ほど宿泊したこともあります。
 行った時はなるべく英語を話そうと心掛けていますが、どうしようもなくなると中国語(普通語)を使ってしまいます。いちおう大体通じます。
 
 (2014年)
 香港ならではの二階建てトラムと二階建てバス。

【観光】

ヒルサイド・エスカレーター

 (2003年)
 観光地ではないけど、香港らしい景色が見られます。普通に庶民の足として使われてます。下の方ではカフェとかが並んでいます。

砵典乍街(Pottinger Street)

 (2015年)
 道が坂道で階段になっています。行った時はあまり店は開いていませんでした。

文武廟

 (2015年)
 工事中でしたが中は見れました。

摩羅上街(Cat Street)

 (2015年)
 骨董品を売っている店が並んでいます。そこそこ有名なのかな。

ビクトリア・ピーク

 ピーク・トラムに乗って、山の上まで行ったところがビクトリア・ピークです。香港の景色が見渡せるところですが、何と言っても夜景がすばらしいそうなんで夜に行きました。
 (2003年)
 夜景。

 (2009年)
 2009年には昼に再訪。やっぱり人は多く、ピークトラムに乗るのも一苦労。

 (2009年)
 昼間もそれなりに良い景色。

香港動植物公園

 (2009年)
 ビクトリアピークに行ったついでに行ってみました。入場無料にしては楽しめるかな。

金紫荊廣場

 (2014年)
 香港回帰記念碑があります。中国からの観光客が誇らしげに行くところ。

ビクトリア公園

 (2014年)
 自分は見てませんが、ビクトリア女王像があるらしいです。

浅水湾

 (2003年)
  天后廟があります。海岸は何かの映画の舞台だそうです。

九龍城

 城壁のある砦があり、その中は香港をイギリスに割譲後も中国であり続けたため、無法地帯となり、すごいことになったところです。今は取り壊され公園になってます。
 (2009年)
 南門跡。

 (2009年)
 かつての九龍城の姿だそうです。これだけビルを密集して建てられるんだなあ。

侯王古廟

 (2009年)
 九龍城の近くにありました。何かの像があり、なかなか良かったです。

宋王台

 (2016年)
 元に追われた宋の幼帝が休んだところ。元々は大きな石山であったが、日本軍が空港の拡張のため破壊し、その後、今のところへ移設されたとのこと。現在は単なる石碑です。

香港歴史博物館

 (2017年)
 入場無料。スペースは広く、展示内容も多数。となりに香港科学館もあります。
 
 (2017年)
 イギリス植民地だったころの再現。昔からギネスが輸入されていた。

アベニュー・オブ・スターズ(星光大道)

 (2017年)
 ブルース・リーの像が有名。入場無料。

1881ヘリテージ

 (2017年)
 中は普通のショッピングモールっぽいので、外から見ただけ。

香港鉄路博物館

 (2017年)
 入場無料。昔の大埔墟駅の駅舎を使用しています。展示内容はあまり多くはありません。
 
 (2017年)
 昔の機関車や車両などが展示されています。車両の中にも入れます。

文武二帝廟

 (2017年)
 香港鉄路博物館のすぐ近くにあります。特に観光地ではありませんが、ついでに見ました。

曽大屋

 (2003年)
 沙田というところにある客家(ハッカ)の家。
 観光地ではなく、普通に人が住んでます。建物前の自動車も住人のものと思われます。

沙田競馬場

 (2016年)
 日曜日になると東鉄線に馬場駅を経由する列車が走ります。駅からはそのまま陸橋を歩けば競馬場に到着します。入場料10HK$。中で食事もできます。馬券を買わなくても、そこそこ楽しめます。

西貢

 (2014年)
 漁業が盛んな港町です。海鮮を食べられるレストランも多数あります。また、近隣の島を巡る観光船も出ているようです。
 
 (2014年)
 船の上で海産物を直販しています。

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.