攀枝花

四川省 攀枝花市(地級市)
2003年2月

 ここに来る前、「」の読み方を調べると「pan」でした。ということは、攀枝花は「パンジー花」。「きっとここは花(特にパンジー)が溢れる綺麗な街に違いない」と勝手な想像をしたら、見事に裏切られました。石炭の街らしく、とても空気の悪い所でした。パンジーの中国語は「三色菫」でした。
 バスターミナルと鉄道駅が離れていて、かなり不便。1時間くらいかかる。駅に行く道は未舗装でした。駅まで行って切符がないからバスにするというわけにもいきません。
 最初、元謀行きの列車の切符を買ったのですが、やっぱり気が変わり、さっさと昆明に行きたいと思い、席無し昆明行きに買い替えました。深夜2時くらいの列車だったけど、人数がいっぱいで乗せてもらえず、切符を書き換えてもらい3時くらいのに乗りました。昆明まで7時間。ドア前のスペースを確保し、バックパックを置き、その上に寝ました。周りを見ると、みんな死体のように寝てました。自分もだけど。


 攀枝花駅。
 切符を買ったら街に戻ろうと思ってたけど、遠いのでやめました。

【宿】

 駅近くの招待所にて。1ベット10元。こんな街でお金を使いたくないと思ったので。しかし、そこでは手続きの際、名前も聞かれず、領収書には「男一人10元」と書いてるだけでした。
 深夜2時の列車に乗ることにしたので夜12時くらいまでここで仮眠して、駅に向かいました。

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.