馬爾康

四川省 阿壩藏族羌族自治州 馬爾康県
2013年11月

 セルタから丹巴に行こうとしたところ、中間あたりに位置する馬爾康に行くワゴン車があったので乗ることにしました。
 ここはアパ州の中心地です。そのため、谷底の川沿いにある小さな町ですが、そこそこ栄えています。
 バスターミナルは郊外に2つあります。どちらも市の中心から路線バスで行けるみたいです。

 梭磨河沿いに町があります。


 高台にチベット人の集落があります。


 嘉絨文化美食街。飲食店が並んでいます。この中の娯楽会所というところに入るとビジネスホテルなどが並んでいます。

【宿】

名称不明

 ギャロン・チベット族の民宿に泊まりました。トイレ・バス付きで70元。洗濯機もあったので使わせてもらいました。WIFIもありましたが、モデムの電源が入っていなかったようで、インターネットができませんでした。宿の看板も出てなかったので、ここに辿り着くには町で勧誘されるしか方法はなさそうです。

【観光】

マルカム・ゴンパ


 地元の人が周りを回ってました。


 隣りにももう一つ寺院がありました。こちらには1人しか参拝の人がいませんでした。


 装飾。


 ここから街を見渡せます。

婆陵甲薩遺址公園


 古城の遺跡で砦のようなものが見えます。歩いて近くまで行けるようです。

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.