康定

四川省 甘孜藏族自治州 康定県
2013年11月

 甘孜藏族自治州というくらいだから、中心地(自治州政府所在地)は甘孜かと思っていたら、ここでした。中国からチベットに入るのに、ここが玄関口となり、一番栄えているからでしょう。
 県の中心地は炉城鎮ですが、周辺には大した観光地はありません。観光するなら7500m以上あるミニヤ・コンカ貢嘎山)の周辺や、新都橋鎮塔公郷のようです。自分は新都橋鎮だけ行きました。


 バスターミナル。


 バスターミナル前の街。


 谷の下の川に沿って街が続いている。


 新しい老街。


 お寺でもないけどマニ車があり、ご老人が集まってお経を唱えながら回していました。


 岩壁にチベット仏教らしい壁画が描かれています。


 ここは東ルートの茶馬古道です。


 こちらは新都橋鎮の街。スーパーなどもあり、とりあえずのものは揃いそうです。

【宿】

美味軒川菜館

 成都からのバスが夜中の1時に到着して、宿のおばちゃんが客引きをしていたので着いていきました。シングル40元。ただ、これで40元は高いと思えるところです。共同のホットシャワーもあったけど、トイレの上で汚いので浴びてません。

 外見は飯屋ですが、宿舎も兼ねています。

新都橋雅克国際青年旅舎

 新都橋の中心からはちょっと離れています。ドミトリーは会員価格で35元でした。食堂もあるので御飯も食べられます。

 「雅克」とはヤクの音訳です。ヤクの糞が多いのがちょっと嫌。


 宿はチベットの建物です。

【観光】

安覚寺


 炉城鎮の街中にあるチベット仏教寺院。中に入ってみたら8人くらいのお坊さんがお経を上げてました。

水井子


 井戸だと思いますが、どういうものかは知りません。

撮影天堂


 新都橋は撮影天堂として有名になっているようです。これが正式名称かどうかは知りません。半月前までは木に葉が残っており、いい景色だったとか。夏だと草が緑だったりするのかな。


 ミニヤ・コンカ貢嘎山)が見えます。

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.