府谷

陝西省 楡林市 府谷県
2012年12月

 オルドスから16:10発のミニバスに乗ったのですが、結局府谷に到着したのは21時を過ぎてました。途中、細い道なのに石炭を積んだトラックが多数行きかい、その上何かをチェックする関門があり、2時間以上渋滞に巻き込まれました。
 府谷に到着する前に客は自分一人になり、バスはトラックが通らない細い山道を走り出しました。一部舗装もされてない道で、街灯もほとんどありません。こんなとこに置いていかれたらどうしようなんて考えると、男の自分でも少々怖くなりました。
 スマホの地図でバスの位置を確認し、府谷までもう少しのところで、運転手に「着いた」と言われる。スマホの地図ではバスターミナルは街中なのに。後で知ったのですが、バスターミナルが2ヶ月ほど前にこの郊外に移転したということでした。そこからは、バスの運ちゃんが自家用車で街中まで送ってくれました。

 この府谷の街は黄河沿いにあり、対岸は山西省です。
 石炭で儲けたボスが多いらしく、金持ちが多いみたいです。

【宿】

 東江国際酒店という結構良さそうなホテルがあったので値段を聞いてみると、498元と田舎街のくせにとんでもない値段ですぐに退散。しかし、他のホテルでは外国人は駄目そうだった。もう夜の10時を過ぎてるし、外はマイナス10度以下だしで面倒くさくなり、結局498元のホテルに泊まってしまいました。

【観光】

府州城

 高台の上に地形に沿って城壁が造られています。街というより要塞のようなイメージです。

 ホテルから黄河沿いを歩いて行ったのですが、この姿が見えた時はちょっぴり感動しました。


 ここは寺で石刻がいっぱい。


 城壁は修復されてますが、下部はオリジナルのようで味のある風化をしています。


 この辺りは畑の中を進まないと見れません。日干し煉瓦でしょうか。一つ一つの煉瓦が大きいです。


 城門があります。城門の周りだけ小さめのしっかりとした煉瓦が使われているようで、あまり風化してません。


 地形に沿って城壁が続いてます。


 こちらは再建された城門。


 分かりづらいですが、城壁が続いてます。城壁全体は上から見るとL字の形になってます。


 また別の城門がありました。ただ、下からはとても近づけそうもない場所にあります。右のほうの城壁はかなり修復されてます。修復というより再建かな。

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.