忻州

山西省 忻州市(地級市)
2013年7月

 城門が残っているようなので行ってみました。北門南門があるのは分かっていたのですが、行ってみると、ぼろぼろの西門とその左右に城壁が残っており、城壁好きにとっては大興奮の場所でした。

 忻州駅。

【観光】

古鐘公園

 駅から古城までは少し距離がありそうだったので、タクシーでこの公園に行きました。入場無料。

 敷地はそこそこ広いです。


 公園の名前の由来となっている鐘。

北門


 天安門みたいになってます。

南門


 城門の内側。なぜかゴミ捨て場になっており、ひどい悪臭です。


 こちらは外側。


 半月状の瓮城がいい感じです。

西門と城壁

 古城から西の方を見ると、古城を見渡せそうな丘になっていました。このような地形の場合、大抵の城では、その丘の上に城壁があったり、その丘全部を城壁で取り囲んでいます。そうしないと、敵に丘を攻略されたら、城内の様子が丸見えになってしまうからです。
 そして、このような城壁は現在でも残されている可能性が高いです。近代になっても、新しい街造りの邪魔にならなかったからです。
 そういう理由で「もしかしたら丘の上に城壁があるかも」と思い、確かめるために丘を登ってみました。

 丘の上まで登ると、土の壁が続いていました。地元の人に確認したところ、やっぱり城壁でした。感激。


 城壁が途切れて通路になっていたので、地元の人に「ここは西門?」と尋ねてみると「西門はそっち」と指を指され、そっちへ行ってみると、そこにはちゃんとレンガで固められた城門がありました。感激。


 西門をくぐってみると、瓮城もしっかりと残っていました。更に感激。


 城壁の上を歩きました。レンガが残っている部分もあります。


 街の様子も見渡せます。


 丘はここで終わり。この延長線上に北門があります。

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.