交城

山西省 呂梁市 交城県
2013年7月

 玄中寺を見るために太原から日帰りで行きました。太原の新西バスターミナルから1時間半ちょっとで行けます。15分に1本の間隔で交城行きのバスがあります。

 交城バスターミナル。

【観光】

玄中寺

 浄土系仏教では曇鸞道綽善導の三人を中国の高僧と掲げており、この玄中寺はこの三人の高僧のゆかりの寺となります。
 石壁山の山中にあり、たぶん公共の交通機関はないのでタクシーで行くことになります。

 駐車場。ここから先にまだ道が続いていますが、崖崩れのため、車から降りて少し歩かなければいけませんでした。


 道が半分崩れていました。修復中なので、直ったら寺のすぐ近くまで車で行けるようになるでしょう。


 山門。入場料は25元と書いていましたが、なぜか20元で入れてもらえました。
 日本語のパンフレットもあるはずなので、聞いてみましょう。自分は売店のおっちゃんからもらいました。


 中に入るとちょうど法要が始まるところでした。観光客は自分ひとりでした。


 坊さんの他、多数の人が一緒に読経していました。


 法要を抜け出して境内の奥へ行ってみました。
 碑には「大谷瑩潤顕彰之碑」と書かれています。


 祖師殿の中に曇鸞道綽善導の3人の銅像があります。
 銅像の後ろの肖像画は、日本の浄土宗・浄土真宗から贈られたようです。


 山の中にひっそりと寺があります。


 帰ろうとすると、法要が終わり、食事が運ばれていました。斎堂でお斎のようです。


 木魚を叩いてました。

ツイートツイート