呼和浩特(フフホト)

内蒙古自治区 呼和浩特市(地級市)
2008年5月

 看板にモンゴル文字が見られるだけで、他の中国の都市と変わりはありません。モンゴルらしさを実感するには郊外に行かないと駄目でしょう。
 街は新城旧城に分かれてます。新城は清代以降の町です。旧城はそれ以前の町です。ただ、発展しているのは旧城側です。
 駅前では宿の勧誘が多いです。手ぶらで歩いていても矢鱈と勧誘されます。「休憩しろ」と言われ、よく聞いてみたら、「小姐はいるか?」でした。

 駅前あたり。

【宿】

 駅近くにある帝豪商務酒店に泊まりました。100元。駅近くで便利だし、インターネットもできて良かったです。

【観光】

城壁跡

 新城なので清代の城壁です。

 新城の北東角に城壁が残ってます。
 城壁の内側は共産党関係の施設のようで、この壁を残し、有効活用しているようです。
 ですので城壁の上部には見張りをしている人がおり、内側には入れないし、上にも登れません。


 こちらは博物館の近くで、西門にあたるところ。
 土台が少し残ってるだけ。

席力図召


 入場料30元。チベット仏教の寺。
 写真は内モンゴル最大のストゥーパ

大召


 入場料30元。こちらもチベット仏教の寺。
 もう寺は飽きてましたが、せっかくここまで来たんだからと思い入りました。


 ストゥーパ。こちらは入場しなくても見れたと思います。

内蒙古博物館


 改装中のようで開いてませんでした。

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.