大連郊外

金州区

経済技術開発区

 大連駅からミニバスに乗っていけます。日本企業がいっぱいあるみたいです。学校も多いです。
 (2002年)
 2002年当時は空地が目立ちます。手前の高架は電車の線路で、当時はまだ建設中でした。

金州古城

 現在の金州市区です。昔は城壁で囲まれた街だったようです。しかし、今では城門も城壁も何も残っていません。博物館に行けば昔の様子が分かるかなと思って行ったのですが、工事中のようでした。
 (2008年)
 金州老街坊

 (2008年)
 金州副都統衛門。歩いていたら、たまたまあったので入ってみました。特に何があるわけでもありませんでした。

金石灘

 友人に車で連れていってもらいました。電車でも行けます。
 (2013年)
 砂浜。

 (2013年)
 この辺はいい景色。
 
 
旅順口区
 かつては外国人は自由に観光することはできませんでしたが、現在はほとんど問題なく街を歩くことができます。列車に乗って行きました。
 (2013年)
 白玉山塔。旅順港を一望できるそうなので、もう少し元気があれば行ってみたかったです。

 (2013年)
 勝利塔

 (2013年)
 市内では古そうな感じの建物をたくさん見ることができます。

旅順駅

 (2013年)
 ホーム側から。

 (2013年)
 表から。

 (2013年)
 駅のすぐ前にある公安は古い駅舎だったそうです。

旅順博物館

 (2013年)
 なかなか広く、展示物も多く充実しています。

 (2013年)
 同じ敷地内にある関東軍司令部旧址博物館。反日一色です。

ニ0三高地

 日露戦争の激戦の地です。入場料30元の他、タクシーで行くと車入場料として10元を取られました。
 (2013年)
 木が鬱蒼と茂っておりイメージと違いました。戦争時は木はすべて伐採されていたのでしょう。

 (2013年)
 頂上にある忠魂碑。爾霊山と書いてます。

 (2013年)
 塹壕の跡。

 (2013年)
 乃木保典が戦死したところ。

水師営会見所

 (2013年)
 日露戦争後、日本とロシアが会見したところです。入場料40元。建物は復元です。
 日本語を話せるガイドがいろいろと説明してくれますが、これだけで40元は高いです。しかしそれでも財政難のようで、寄付を求めたり、懐中時計や虫が入った琥珀を売りつけようとしてきます。そもそもここに来る観光客は少なく、ほとんどが日本人のようです。
 ちなみに琥珀は撫順の炭鉱で取れた物と言ってましたが、やっぱりニセモノくさいです。
 どうせ建物は復元なので、こんな観光地は保存する価値もありません。

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.