大連

遼寧省 大連市(地級市)
2002年3月~2003年3月、2004年1月、2006年8月、2008年8月、2013年6月

 2002年に1年間、語学留学をしてました。冬は寒いけど、夏は過ごしやすいかも。冬の乾燥はすごいです。洗濯機の脱水機の調子が悪くて、Gパンを脱水せずにそのまま干しても、次の日には乾いてました。
 近代の歴史では有名ですが、それ以前は特に何もなかったみたいで、近代の歴史に興味がないと、面白い観光地はないかもしれません。
 
 

【宿】

 基本的には外国人は安ホテルに泊まることができません。ユースホステルもありますが、街中のものはなかなか強気な値段です。チェーン店のビジネスホテルに泊まるのが無難です。
 以下の情報は古いですが、参考として残しておきます。

2002年。大連鉄道学院の賓館がツインのエアコン付きで148元でした。

2004年。大連鉄道学院の前にある茗園賓館。ツインのエアコン付きで100元。
 はじめ140元と言われたが、100元に落ちました。でも、あまりにも汚いので100元でも高いと思います。ゴキブリもいっぱいです。トイレに入ると、一度に10匹くらい視界に入ってきます。

2004年。駅裏にあるホテル。名前失念。本当は外国人駄目って言ってた。128元。
 冬なので探せばもっと安いのがあったかもしれないが、面倒なので客引きに着いていく。でも、けっこう綺麗だったので満足。バスターミナルには近いけど、買い物とかには不便。

2006年。鴻麗大厦ってところだったと思う。
 ラマダホテルの裏にある高層ビル。30階以上ある。260元も払いましたが大失敗でした。
 フロントで手続きしようとしたら、おっさんが話しかけてきて、まず部屋を見ろと言われ27階にまで行きました。結構綺麗な部屋なので、ここに決めましたが、手続きもここでするということでした。
 後になってドアが開かないのでフロントに言ったら、フロントの人は「関係がない」ということでした。どうやらここは、ワンルームマンションをおっさんが貸してるだけのようでした。台所も付いてるし。部屋に電話もありません。携帯で電話をしたらおっさんがすぐに来てくれたので良かったですが。
 窓からは海も見えていいのですが、冷房が全然効きませんでした。

2008年、大連百和賓館というところに泊まりました。たしか普通間60元。外国人OKなところにしては安いです。勝利橋から歩いてちょっと。
 
 

【観光】

労働公園

 日本から大連まで来てくれた友人・親兄弟を、とりあえずここに連れてきました。春・夏には動植物がたくさんで人もいっぱいです。冬はとても寂しいけれど。
 リフトに登って山の上まで行くと、大連市内が見渡せます。5回は登ったと思います。帰りは滑り台に乗って降ります。リフトは学割してもらえます。学生証見せなくても、「学生だ」と言うと学割してもらえたこともあります。20代後半の自分と30代二人だったのに、3人とも学生料金でした。
 (2002年)
 労働公園の山の上から。
 山の上にはテレビ塔があり、さらに上に登ることができます。

星海広場

 春・夏は芝生がきれいな広場。何度も行ったのに、いつでも写真を撮れると思ってたら、結局全然撮らないままでした。
 海水浴もできます。夜に行けばタダで入れます。砂はどっかから持って来たニセモノで、実際は岩場です。場所によっては岩が鋭く、簡単にケガします。
 (2002年)
 星海広場の近く。
 川です。何の建物かは分かりません。

星海公園

 (2002年)
 海沿いにある公園。バンジージャンプとかができます。

東海公園

 (2002年)
 こちらも海沿いにある公園。結構広い。変なオブジェがいっぱい。

大連森林動物園

 11月に行きました。夏に行くと80元(学生は半額)、11月からは60元、1月2月は半額だったと思います。
 カメラを持っていたのに、寒くてぜんぜん撮ってません。夏ならいろいろな表演もあるらしいが、冬はやってませんし、モノレールも動いてませんでした。見れなかった動物も多いので、チケットが高くても、必ず夏に行くべきだと思いました。
 園内は二つに分かれており、圏養区放養区があります。圏養区はオリに動物が入れられており、放養区はサファリパークみたいなところです。二つはゴンドラで結ばれています。片方だけ入ることもできます(入場料は半分)。
 圏養区にパンダがいます。ただジャイアントパンダは寒くて縮こまっていたので背中しか見れませんでした。それに比べ、レッサーパンダのほうは活発に動いていて楽しかったです。リンゴに匂いを擦り付ける仕草がセクシーでした。
 その他に、動物の赤ちゃんを集めた所や、熊山が良かったです。熊は「エサをくれ~」と芸をしてくれます。

旧ロシア人街

 勝利橋を渡ったところにあります。この勝利橋も良く見れば歴史的な造りをしています。良く見ないと気付きません。
 (2008年)
 メイン通りは、綺麗に修復され色も塗られていますが、奥に入ったら古いボロい建物も見られます。そのうち取り壊されると思いますが。
 ロシア人街らしく、ロシア人形とかウォッカのボトルとかが売られてます。このロシア人形をひとつ買いましたが、いろいろ種類があって値段がよく分かりません。ロシア製(本物)と中国製があるみたいです。中国製ロシア人形を土産に買うのもいいかもしれません。
 (2008年)
 勝利橋
 撮影に夢中でウンコを踏んでしまいました。大きさ的に大型犬か人類のモノっぽい。

棒棰島風景区

 2002年8月中ごろに泳ぎに行きました。
 路線バスがないのでタクシーで行きました。ツアーバスはあるみたいですが。交通の便が悪いからか、外人率が高かったです。泳いでいる人の半分は外国人かと思われます。
 いくらかわかりませんが、ジェットスキーができます。たぶん免許もクソもいらないと思われます。人が泳いでるすぐ横を素人が運転するジェットスキーが通るので、とっても危険です。
 帰りはタクシーを捕まえるのに苦労しました。やってくるタクシーのほとんどはチャーターされているみたいで、何度も断られました。
 しばらくして、やっとタクシーを捕まえました。そして、「駅(火車駅huo che zhan)まで」と言ったのですが、付家荘fu jia zhuangに連れて行かれそうになりました。
 
 
大連郊外(金州区、旅順口区)

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.