荊州

湖北省 荊州市(地級市)
2008年5月

 現在、市轄区は沙市区荊州区がありますが、かつては別々の街で、併合されて荊沙市となったのですが、荊州が歴史的に有名なので、荊州市と名称が変更されたようです。でも、街の中心は沙市区です。
 荊州三国志で有名です。ホントかウソか分からん遺跡がたくさんあります。

【宿】

 バスを降りたところの近くにあった商務酒店(ビジネスホテル)。正式名称はメモしてませんでした。100元。ビジネスホテルとしてるくせに、インターネットはできませんでした。でも、前日武漢で安いところに泊まったので、すごく快適でした。

【観光】

荊州古城

 別名江陵城。荊州市内に江陵県というところがありますが、そちらではなく荊州区にあります。地名に騙されて、江陵県に行ってしまう人が中国人でもいるみたいです。

 南門の外側。
 上に登るには5元必要。


 たぶん東門
 登るには20元必要。ただ、小東門の方まで、城壁の上を歩いて行けて、いくつか見どころがあるので、登る価値はあります。
 小東門公安門とも呼び、三国志に関連があるみたいです。


 小北門だったと思うけど。
 登るには5元。


 たぶん大北門
 こちらは10元だったと思う。

関廟


 写真の奥にある建物。
 入場料無料。南門から撮影。

玄妙観


 入場料5元。
 おばちゃんが解説してくれた気がしますが、何だったか忘れました。

盆景園


 入場料5元。
 盆栽が並んでます。

三国公園


 入場料1元。
 この像以外には特に何もないと思うけど。

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.