開封

河南省 開封市(地級市)
2007年3月

 北宋の時代の都で、東京と呼ばれていたところ。水滸伝で出てきます。
 街には小龍包屋が多くあり、なんでもここが小龍包の発祥地だとか。上海あたりじゃないの?まあ美味しいですが、台湾で食べるほうが美味しいです。
 あと、開封小吃が有名らしいです。いくつか種類がありますが、自分は花生糕というのをお土産に買いました。まあまあ。
 鄭州から欧凱龍という家具屋隣から出てるバス(7元)に乗って行きましたが、ずいぶんと郊外のバスターミナルで下ろされました。街までは路線バスがありますが、ミニバスでした。

【宿】

 街中にある天中大酒店に泊まりました。3星。単人房で140元。

【観光】

城壁

 どのガイドブックでも、あまり開封の城壁の写真は見られなかったのですが、期待以上にたくさんの城壁が見れて大変満足しました。修復もされてますが、ほとんどの城壁が残されています。広大過ぎるので全部見ていません。

 城門は車が通れるように再建されてます。


 城壁に沿って広場になっており、いい感じ。


 外側はレンガ造りになってますが、内側は土盛りです。


 馬面。割れてます。


 右側の方は修復されてません。

鉄塔公園


 別に鉄製というわけではなく、表面が瑠璃瓦で覆われており、鉄みたいに見えるので、鉄塔と呼ばれているみたいです。
 奥に湖があり、その奥に城壁があるのですが、そこに行き方が分からず結局諦めてしまいました。外からしか行けないのかなあ。入場料20元。

繁塔


 もともと9層だったのが、3層になってます。こちらも鉄塔と同じように瑠璃瓦が表面に覆われています。ただ、こちらの方が古いみたいです。
 瑠璃瓦は1枚毎に仏像が施されており、その種類もたくさんあります。入場料10元。

開封府


 昔の物が残されているわけではなく再現です。とりあえず入ってみましたが、特に目をひくものはありませんでした。
 他にもいくつか同様の観光地があり、どれもそこそこの入場料がいります。古跡より再現のほうがお金がかかりますから。入場料35元。

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.