漠河

黒龍江省 大興安嶺地区 漠河県
2008年8月

 北極村という中国で一番北にある村があるということで、中国では少し有名です。
 ハルピンからさらに列車で24時間くらいかかるので、なかなか行くのが面倒なところです。空港もあるようですが、どれほど飛行機が飛んでるのか知りません。
 近くには森林が多いようです。列車に乗ってると、木材をたくさん積んだ貨物列車を何度か見ました。
 8月後半に行きましたが、半袖では寒かったです。冬は猛烈に寒いようです。

 漠河の街のモニュメントのある高台から。そこそこの街になってます。ただ、新しく造った街のようで、近くに農村などもないらしいです。


 漠河駅
 中国で一番北の駅だと思うのですが、そのような表記はありませんでした。
 終着駅は隣りの駅ですが、地図を見る限り、その駅はここの駅より南側にあります。

【宿】

 北極村内の宿に泊まりました。村口第一家と書いてるところ。村の入り口から最初の家ということでしょう。
 列車で一緒だったじいさんと孫と一緒に泊まる。3人部屋で220元。自分はその半額をお支払い。
 夕御飯と朝御飯も宿で食べれますが、車の運転手も加え、4人で合計140元でした。これも自分はその半額をお支払い。

【観光】

北極村

 漠河の町から車で1時間半くらい。入場料60元と、電動車代として10元必要です。あと、外国人は入り口で登録が必要です。登録しなかったら、宿泊した際にバレます。
 中国の一番北の村というだけで、何があるというわけではありません。モニュメントがあるくらい。
 冬にはオーロラも見られるってことですが、確実でもないので、素直に北欧やカナダに行ったほうが良いかと思います。

 対岸はロシア。人はいなそう。


 一番北の家。

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.