正定

河北省 石家荘市 正定県
2008年4月

 街が城壁に囲まれており、その中には多数の寺院があり、なかなか見ごたえのある観光地です。入ってませんが趙雲廟という三国志関係の見所もあります。
 ただ、城壁は風化しているためか、単なる土盛りのようになってます。東側は見てないけど、たぶんそんなに変わらないと思います。
 あと、主な観光地に入れる通票(共通チケット)60元があり、安上がりで便利です。

 南城門から見た町並み。塔がたくさん見えます。

【観光】

開元寺


 通票で入れます。正定の寺院にはそれぞれ違った形の塔があり、見て回ると楽しいです。ここの塔は須弥塔といい、西安や雲南省にある塔に似てます。
 他に、市内の道路で見つかったという大きな亀の像が展示されてます。碑を背中に背負ってるやつ。

臨済寺


 通票では入れません。入場料8元。ここの塔は澄霊塔といい、中国の東北地方によくありそうな形です。
 名前からして臨済宗関係らしく、日本の坊さんも来ているようです。

広恵寺


 通票で入れます。寺自体は既になくなっており、塔だけがあります。この塔は華塔といい、上部はたくさんの像が彫られており見ごたえがあります。そこのとこまで登ることができます。

天寧寺


 ここも通票で入れます。登れたと思うが、さすがに疲れてやめたような気がします。

城壁


 南城門長楽門)。通票で上に登れます。
 日本軍が占領したときの写真が展示されてます。お決まりの日本兵が万歳してる写真。
 城壁の上から見ると、この門も瓮城となっていたのが良くわかります。


 南城門から延びる城壁。ほとんどただの土盛り。


 西門。城門にはしっかりとレンガが残されている。
 いちおう瓮城の跡があるが、ほとんどなくなってます。


 朽ち果てた城壁。

隆興寺

 ここが正定観光のメインになると思います。通票で入れます。

 監視人がいたので、その人の死角となるところで写真を撮りまくりました。


 大悲閣にある千手千眼観音大仏。大きい。2階にも登れるので、腕を間近で見ることができます。

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.