永年

河北省 邯鄲市 永年県
2008年4月

 城壁のある広武古城があります。ただし、これは広武鎮にあり、県城で鉄道駅のある臨洛関鎮ではないのでお間違えのないよう。ですので古城に行くには、邯鄲まで行って、そこから永年古城行きというバスに乗るのが便利かと思います。
 永年は太極拳の故郷と一応なってるらしく、朝から城壁に行くと太極拳をやってるのを多数見れるそうですが、自分は昼に行ったので見てません。
 それから、多数の成語の故郷ともなってるらしいです。

 城壁内の町並み。

【観光】

広武古城

 城壁が1周あり、その周りに堀(護河)があり、たいへん雰囲気がいいです。
 しかし、城壁の修復の仕方に難があり、場所によってレンガを使わず、コンクリートで固めてレンガのように見せてあるだけの部分があります。そんなんだったら修復せんでもいいのに。
 今のところ入場料とかはありませんが、それなりに観光客がいたので、近いうちに取られるかもです。

 赤茶色の碑それぞれに永年に関する成語が書かれています。
 手前に書かれているのが「関公退水」。
 三国志関係と思います。なんとなく聞いたことあるような。


 弘済橋という古橋があるらしく、これかと勝手に思ってたら、やっぱり違うっぽい。全然古くないし。


 城壁の上からの姿。
 昔ながらの町並みかも。


 城壁は地図などではきれいな四角形のように見えますが、実際は いくつか角があったりアップダウンがあったりで、上を歩くといろいろな城壁の姿が見れて楽しいです。


 北門だったと思うけど。
 すごい大きな瓮城。邯鄲からのバスもここを通ります。

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.