鎮寧

貴州省 安順市 鎮寧布依族苗族自治県
2012年4月

 有名な黄果樹風景区がありますが、貴陽か安順から直接行けるので、普通の観光客はまず訪れることはない街です。

 古城内は日曜だったからか、たくさんの人で賑わってました。民族衣装を着たおばちゃんも多数見かけました。

【観光】

鎮寧古城

 ネット情報で城壁があるということで探したのですが、それらしいものは見つかりませんでした。

 鐘鼓楼はありました。


 北の方に川があり、たぶんこのあたりに北門があったと思われます。このあたりの建物が取り壊されており、今後城門が造られるのかもしれません。

黄果樹瀑布景区

 下の天星橋景区陡坡塘瀑布景区を合わせて入場料が180元もします。しかも、それぞれの景区はそこそこ離れてるので、遊覧バス(有料)に乗る必要があります。自分が行ったときはそのバスもなく、タクシーを120元でチャーターしました。
 これらの景区は鎮寧と関嶺にまたがっているのですが、鎮寧に黄果樹鎮があるので、こちらにまとめて掲載してます。ちなみに黄果というのはネーブルのようなミカンのことで、この地方での呼び名のようです。(他の地域では広柑。)

 この季節はやはり水量が少ないようです。


 滝の裏側を歩くことができます。少々濡れますが。

天星橋景区

 いろいろな見所があり歩く距離も多いため、最低1時間半はかかります。入場料に含まれていたのでついでに見たようなもんですが、なかなか良かったです。

 この橋が天星橋。天然かどうかは不明です。


 天星洞。なかなかおおきな洞窟で見応えがありました。


 銀鍵墜潭。こちらもなかなか。

陡坡塘瀑布景区


 黄果樹瀑布より先に見とけば、それなりに満足します。やはり水量が少なかったです。

旅行記

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.