憑祥

広西壮族自治区 崇左市 憑祥市(県級市)
2010年2月

 「国境の街」を期待してたのですが、街自体が国境に接してるわけではないので、ただの「国境に近い街」でした。ただ、夜の屋台を見てみると、春巻なんかも売られてたので、それだけちょっぴりベトナムぽいかも。

 バスターミナル。


 夜はこんな感じになる。絶えず色が変わり派手。


 「これは確かシンセンにあったフィリピン系のファーストフードでは」と思ったのですが、ニセモノでした。

【宿】

 バスターミナル前の友諠賓館、単間でパソコン付き。70元。特に問題なかったと思います。

【観光】

友諠関

 ベトナムとの国境近くにある関門です。本来の名前は睦南関といいます。結構歴史があるみたいで、他にもいくつか名前があるようです。
 入場料50元なんですが、ベトナムに行くと言えば払う必要はありません。自分は払わず、出るときはさっさとタクシーに乗り込み逃げました。タクシーは街まで30元でした。値切る暇もなく乗り込んだのですが、そんなものかと思います。

 ベトナム側から。この門が国境ではありません。このへんはまだ中国です。


 門の両側には城壁が続いています。


 城壁はかなり急な階段になってます。
 木に侵食されてます。


 城壁を登り終えると、砲台がありました。
 ここも木がすごいです。


 ここが中国側の出入国管理所です。

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.