龍勝

広西壮族自治区 桂林市 龍勝各族自治県
2003年2月

 ここはライステラスが有名です。龍脊梯田というところ。トン族村もあります。龍脊梯田に行く途中、ヤオ族村もありました。そこは「女性の髪がみんな長い」というのを売りにしてるみたいです。

【宿】

 龍脊梯田にある民宿に泊まりました。村の入り口でチワン族のおばさんに客引きされ、「私の家に泊まれ」と言われ、かなり遠くまで歩かされ、やっと着きました。普通の家に部屋を増築した感じでした。宿の看板とかはありません。民宿に泊まったというより、少数民族の家庭にホームステイした感じです。部屋には3つベットがありましたが、一部屋貸してくれました。15元でした。食堂とかないので、宿で食べます。これも15元でした。
 部屋には机があり、アルバムがありました。「今までの宿泊客の写真かな?」と思って見ると、ここの娘さんの写真でした。ノートがあった(開いていた)ので、「宿帳?」と思って見ると、どうやら娘さんの日記のようでした。ちなみに、窓の外には女性の下着が干してました。やっぱりここは普通の民家みたいです。
 ここ以外にも宿はいっぱいあります。造りかけの所も多かったです。

【観光】

龍脊梯田

 県城から龍脊梯田行きのバスがあります。バスを降りたところで、村の入場料30元を払います。
 ここでは山の上から見るとずっと下までライステラスが続いているというのがすごいそうなんですが、自分が行った時は霧が深くて、全然下まで見えませんでした。1泊して次の日に期待しましたが、夜中に大雨が降り、霧は前日よりも更に濃くなってました。
 宿の人によると、5,6月が見頃だそうです。

 村の入り口あたり。まだまだ下の方です。


 これでもかなり良く見えたほう。
 山の上へ行くほど霧が濃くなり、何の景色も見えなくなりました。


 上を見上げると、農作業をしてる人が見えました。
 この上にも登りましたが、霧で何にも見えませんでした。

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.