桂林

広西壮族自治区 桂林市(地級市)
2003年2月、2010年2月

(2003年) 龍勝からバスに乗る。本で見たことのある変な形の山が見えてくる。桂林に着く。初めから桂林では観光せず陽朔に行こうと決めていたので、すぐに桂林をあとにする。陽朔で4泊した後、また桂林に戻ってきました。列車までの待ち時間に、ちょっとだけ観光しました。
 桂林は都会でその周りに奇観が広がりますが、陽朔は奇観の中に街がある感じで、陽朔の方が絶対面白いと思います。といっても、桂林をちゃんと観光したわけでないので、よく分かりませんけど。
 灕江下りは外国人は料金が高いらしいのでしてません。

(2010年) ここも城壁を見るために再訪。
 今回も宿泊はせず、城壁を見終えた後は、すぐに陽朔へ移動しました。

【観光】

靖江王府


 内城の城壁があり、その中に広西師範大学があります。そこが靖江王府みたいですが、入場料60元と言われたのでやめました。ガイド付きらしいです。城壁だけグルッと見ました。
 写真の奥に見えるのが、靖江王府の中にある独秀峰
 壁をよく見ると、赤色で「WC」と書いてます。トイレか?
 (2003年)

伏波山


 この辺で、さんざん見飽きた岩山。でも、桂林で高い所からの景色が見たかったので、登りました。
 写真は伏波山の上から。思った以上に綺麗でした。真ん中に見える山が独秀峰
 (2003年)

南門


 榕湖の北側にあります。
 ただ、後になって城は南の桃花江まで拡張されたようです。
 (2010年)

東鎮門城壁


 鉄封山木龍湖の間にある東鎮路の先に城門があります。
 内側から。


 城門の外側から。


 灕江に沿って南側に城壁が続いてます。100m以上はあります。


 城壁の北側は鉄封山の東側で途絶えてます。


 鉄封山を北からみたところ。
 写真では大変見難いですが、山が低くなっているところに城壁があります。山も城壁の一部になっているわけです。


 城壁のその先が気になり、鉄封山の西側の中山北路に行くと、城壁跡みたいのがありました。真偽はわかりません。


 中山北路の反対側。


 地図がありました。
 (2010年)

明清街?


 正式な名前は記録してませんでした。上記城壁周辺を歩いてたら、いつの間にか入ってました。
 観光客を呼び込もうとして失敗したところと思います。春節期間なのに、人はまばら。
 (2010年)

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.