遂渓

広東省 湛江市 遂渓県
2009年4月

 古城を見るため楽民鎮というところまで行きました。雷州半島の東側で海に面したところです。湛江からバスで2時間半くらいかかります。なのに古城見学は30分くらいで終わってしまいました。ほんとに何やってんだろう。帰りのバスで自分の将来について考えてしまいます。
 
 楽民鎮の街。
 帰りのバスがタイミングよくあり、御飯も食べませんでした。というか、この帰りのバスは自分が乗ってきたバスでした。

【観光】

楽民所城

 楽民の街から北の方へ行ったところにあります。距離があるのでバイタクで行ったほうがいいです。また、何もない村なので、バイタクに待っててもらったほうがいいです。
 
 内側から見た西門


 外側から見た西門。本来の姿があまりイメージできません。


 こちらは北門。内側から。
 東のほうに城壁が延びていましたが、植物が覆いかぶさり、よく見えませんでした。


 こちらは東門。内側から。なんだか押し潰されそうになっています。


 外側から見た東門


 南門は既に崩壊していました。


 古城の中心にあたりにあった文明書院
 バイタクのおっちゃんの話によると「蘇東坡が住んでいた」らしいです。

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.