永定

福建省 龍岩市 永定県
2009年4月

 有名な客家土楼があります。湖坑鎮までバスで行き、そこでバイクをチャーターしました。ちょっと払い過ぎたかなと思いましたが、昼御飯は彼の奥さんの手料理を食べさせてもらい、まあ良かったかなと思ってます。

 土楼に到着して、早速一眼デジカメを取り出し、広角レンズに付け替え撮影しようとすると、電池が一目盛り減っていました。そういえば前日からそうだったので、予備のバッテリーに入れ替えようとしたのですが・・・。予備のバッテリーはバスターミナルに預けたバッグの中に入れたままでした。かなりガックリしましたが、コンパクトデジカメもあったので、気を取り直して観光しました。

【観光】

土楼長城景区

 谷に沿って土楼が長城のように並んでるから、こういう名前のようです。基本的には入場料はいりませんが、いくつかの土楼で個別に徴収されます。

 環極楼。たしか20元か30元払いました。
 風景区の一番奥の方にあります。


 環極楼の中。大きいです。
 土楼の中央に立って、声を出すと、声が響き渡ります。


 展望台からの眺め。楕円形の土楼がいい感じ。


 東成楼。普通の方楼に見えますが、良く見ると、8角形になってます。写真では良く分かりませんが。バイタクの運ちゃんは「八角楼」と言ってました。

承啓楼


 永定最大の円楼だそうです。
 入場料がいりますが、入り口から中をさっと見て、中には入りませんでした。

洪坑民俗文化村

 入場料50元。団体客はここだけ訪れるみたいで、たくさん人がいました。文化村内でもバイタクで周りました。

 振成楼。文化村内で一番有名な土楼。


 振成楼の中。階段には「登るな」みたいなことが書かれてましたが、バイタクの運ちゃんは住人と知り合いなので、全く問題ないようでした。


 如昇楼。一番小さな円楼。

環興楼

 文化村の入り口の前にあります。バイタクの運ちゃんが「10元だ」と言うので払いましたが、ちょっと怪しい。

 なんでも450年前のものだそうです。
 確かに見た目、かなりボロい。


 一区画が崩れていたり、柱が斜めになっていたり。
 それでも人が住んでます。

ツイートツイート

“永定” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.