厦門(アモイ)

福建省 厦門市(地級市)
2005年11月、2010年6月

(2005年)
 市の中心は、厦門島という島です。大陸とは橋でつながれております。
 この街は路線バスが発達し、うっとうしいバイタクも少なく、綺麗で良い街です。自分の中では、住んでみたい街のひとつです。
 街のCD屋では、広東省で広東語のものがたくさん見られるように、ここでは閩南語のものがたくさん見られました。台湾に影響を受けてるところがたくさんありそうです。

(2010年)
 今回の目的は2つ。金門島へ渡る。そして、城壁を見る。どちらも達成できました。

【宿】

 バスターミナルでバスから降りると、併設されている観光案内の人がホテルは決まってるかと聞いてきました。大都市でホテルを探すのは面倒なので、紹介してもらうことにしました。台湾酒店がたしか180元ということでした。写真を見ると綺麗そうだし、そこに決めました。
 観光案内の人が車でホテルまで送ってくれました。しかし、連れて行かれたところはKTV内のホテルで、写真で見たホテルは隣に立っておりました。まあ十分綺麗だったので問題ありませんが。
 もちろんKTVですので、夜10時くらいにホテルに帰ってくると、綺麗に着飾った女性がずらりと並んでおりました。その人数に少々びっくりしました。

【観光】

鼓浪嶼(コロンス島)

 厦門島の南西にある島です。租界地だったらしく、欧風の建物がたくさんあります。フェリーで2,3元で行けますが、島の中にいくつか観光するのにお金を払わなければいけないところがあります。

 日光岩
 登るのに60元も取られます。(ロープウェイの値段も含みます。)
 ちょっと支払うのを躊躇しましたが、登ってみると納得のいく景色でした。(下の写真)


 日光岩からの景色。
 手前に欧風の建物がたくさん見えます。
 その向こうは海をはさんで、厦門島の街が見えます。
 ちなみに60元に鄭成功記念館の値段も含まれてるみたいですが、工事中でした。見たかったのに。

華僑博物館

 華僑についていろいろ展示があります。華僑ってたくさんいるんだなあと思いました。なかなか興味深いです。併設されている自然館、文物展はつまらんです。

南普陀寺

 入場料3元。みどころは寺だけでなく、山を登ると大きな岩がごろごろしており、景色もなかなか良いです。
 精進料理の食堂もあり、チケット制で気軽に入れそうでした。食べてませんが。

 有名らしい「」の字。

中山公園


 魁星山摩崖石刻群という文字が書かれた石刻がいくつかあります。

中左所城

 倭寇の防衛のために造られた城です。厦門城というと、これを指すようです。

 上が小学校になってます。おそらく城壁だと思うのですが。


 これも住宅街にあった壁で、城壁だと思うのですが。


 これは修復されてるみたい。


 この近くに石碑もあります。

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.