泉州

福建省 泉州市(地級市)
2005年11月、2010年6月

 泉州は華僑のふるさととして有名らしいです。また、宗教関係のものも多く、道教の老君造像やイスラム寺院の清浄寺が有名です。どちらも行ってませんが。

 2010年に再訪しました。目的は城壁関係。

【宿】

 バスターミナルからすぐ近くの金洲大酒店というホテルに泊まりました。1泊160元弱。朝食付き。
 そこそこ綺麗で良いですが、マッサージの電話は物凄いです。少なくとも夕方5時には電話攻撃が始まってました。断っても、すぐにまた別の人からかかってきます。電話線を抜くか、受話器をあげておかないと、眠ることはできないと思われます。

【観光】

海外交通史博物館

 入場料10元。古代中国の海外への航海について、中国各地の船について、泉州にある宗教関係の石版について、などを展示してあります。

 博物館の外観。

泉州華僑歴史博物館

 上記の海外交通史博物館を見たついでに、近くにあったので行ってみました。入場無料でした。一応係員が一人だけおり、自分が行くと電気を点けてくれました。

 これだけ大きい建物だけど、展示は左側のちょっとだけ。他は何に使ってるのか不明です。

徳済門遺址

 天后宮の前にあります。

 城門の土台部分だけが残ってます。


 水路もしっかり残ってます。

天后宮


 徳済門遺址へ行ったついでに。雨が降ってきたので雨宿りしてました。

臨漳門


  再建モノです。


 門を超えると堀がありました。これは木も生えていることだし、古そう。

石笋


  上記の堀を超えたところにあります。新石器時代のものだそうです。ちんぽです。

朝天門


 これも再建モノのようです。

中山公園

 何があったか全然覚えてないので、何もなかったと思います。

 いちおう泉山門という名前がついてますが、ただの公園の門です。

威遠楼


 中山公園の南側にありますが、これが何なのか知りません。

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.