長汀

福建省 龍岩市 長汀県
2009年4月

 贛州から列車に乗って行きました。贛州龍岩間の路線は、まだできて間もなく、長汀も新しくて綺麗でした。ただ、新しいだけあり、駅前には何もありません。
 街にはマクドもケンタッキーもありませんが、DICOSはありました。

 城門の上に建っている雲驤閣

【宿】

 バスターミナル近くの鑫達賓館というところ。もう日が暮れて、大雨だったので、タクシーに「バスターミナル近くの宿」と言って連れてってもらいました。バスターミナルは東西の二つあるみたいですが、どっちか忘れました。街の中心のほうです。
 宿の内容は、悪くなかったと思います。歩いて城壁まで行ける距離です。

【観光】

汀州古城


 特に入場料とかは要りません。
 川沿いの城壁が残っています。


 川以外のところにも城壁が残ってます。もちろん上部は修復したものです。


 朝天門。最初に建てられたのはの時代だそうです。


 城壁は臥龍山という山の上まで伸びてます。
 ただし、山の上の城壁は全て再建したものです。


 森の中に城壁が延びてます。
 再建するよりは、少しは残っていたかもしれない城壁跡を保存してほしかったです。


 宝珠門。このあたりは建物が入り組んでて、左右の城壁がどうなってるのか良く分かりません。


 「これってもしかして」と思ったら、やっぱり城壁でした。上に建物が建てられています。


 こちらは城門の上にも建物が建っています。

長汀県博物館


 もともとは汀州試院というところだったみたいです。そして、そこを福建省蘇維埃政府として利用されたみたいです。そして、それを博物館にしたようです。
 展示内容は、長汀の歴史と革命関係だったと思います。入場料はいたかどうか忘れました。

三元閣


 古城の中心にあります。
 博物館の展示を見る限り、城壁はいつの時代かに拡張されたようで、これはもともと城門だったと勝手に推測してます。

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.