大理駅にいます。

昨日書いた通り、現在は大理駅で列車を待っています。
明日は昆明から、いよいよミャンマーです。
帰りは、9/4に南方航空で広州です。AirAsiaでバンコクかクアラルンプール経由で香港に行ってもいいかなと思ったのですが、やっぱり面倒なので止めました。

列車待ち中。

ミャンマー行くのに、米ドルを13$しか持っていないので、ちょっと心配。

ツイートツイート

ミャンマーへ行く(空路で)

 表題の通り、陸路の国境越えは諦めました。

 本日朝に口岸まで行ってみたところ、男性の武警が門の前に立ってました。事情を話すと、わざわざミャンマーの旅行社の人を連れてきてくれました。
 その旅行社の人は華僑のようで60代くらいの男性。あまり良く聞き取れなかったのですが、その方の話によると、申請をするのに3~4日はかかるので、やはり空路で行ったほうが良いとのことでした。
 確かに申請をして駄目だったら待つだけ無駄になるし、ビザも申請しなおしになるかもしれません。やはり今回は陸路は諦めました。

 それにしても、武警の人も旅行社の人もとても親切で、陸路で行けなくても気分が良かったです。陸路で行くといろいろと大変になるので、少々安心してたりもします。

 その後、芒市までバスで移動し、今後のチケットを購入しました。購入したチケットは以下の通り。

8/28 長距離バス 芒市12:30 – 大理 (たぶん5時間半くらい) 105元

8/28 列車K9638 大理21:32 – 昆明05:02 硬臥下段 105.5元

8/29 飛行機CA905 昆明12:40 – ヤンゴン13:15 1,776元(燃油費・税金込)

 帰りは今のところ9/3の広州行きの飛行機を考えていますが、もう少し他を検討してから購入しようと思ってます。あとはヤンゴンの宿も探さなくちゃ。


 瑞麗にあった仏教寺院。村毎にあるようで、地図には奘房と書いています。瑞麗は徳宏タイ族チンポ族自治州に属しており、タイ族が多いみたいです。
 1984年建造のようで、約30年前。写真の右側の塔はトタン屋根の材料で造られています。


旅行記:雲南省国境旅行


ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ

ツイートツイート

ミャンマー国境を渡れるか?2

 本日もずっと雨でした。ちょっと小降りになったと思っても、またすぐにきつくなったり。
 
 10時過ぎにチェックアウトして、姐告瑞麗口岸に行きました。
 口岸の門の前に武警の女性がいたので、また外国人(第三国人)の出国について聞いてみました。

 その人が言うには、ミャンマーに入国するためには、事前にミャンマーの旅行社に申請をして、中国から出国する際にはその旅行社からの迎えが必要とのことでした。
 その旅行社については知らないということでしたが、毎朝8時くらいに旅行社の人が迎えに来るらしく、「もし急いでなかったら、明日朝に聞いてみたら」と言われました。
 正直なところ、もう陸路での入国は面倒くさそうなので、もういいかなと思っていたのですが、そう言われると一度聞いてみたくなりました。

 とりあえず本日は姐告のホテルに宿泊することにし、明日朝にまた口岸に行ってみたいと思います。それで駄目だったら今回は陸路入国は諦めたいと思います。以前は昆明にミャンマーの旅行社があったらしいですが、今もあるのか分かりませんし、どちらにしても、またここまで戻って来る気力はありません。
 
 あと、口岸の回りに「ミャンマーに行かないか」と誘ってくるおばちゃんがいますが、聞いてみると「こっそり入る」というものでした。姐告の南の方にこっそり通れる通路があるらしいです。(そこを通らなくても柵の隙間をすり抜けている子供がいましたが)

 国境の柵をすり抜けた子供。柵の向こうに売店があります。


旅行記:雲南省国境旅行


ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ

ツイートツイート

ミャンマー国境を渡れるか?

 今日はずっと雨でした。午前中はずっとホテルに閉じ篭もっておりましたが、昼になってから少し小降りになったので、国境まで出かけました。

 まずは姐告というところにある瑞麗口岸に行きました。雨が降っていたので早速中に入り、出国審査官の人に外国人(第三国人)もここから出国できるか聞いてみました。

 その回答は、中国側の出国は可能だが、ミャンマー側の入国に特別な情況が必要とのことでした。そのため中国の出国手続きをする前に、まずはミャンマー側に問い合わせをして、入国が可能なことを確認してから、中国側の出国手続きをするそうです。

 話をしていると後ろに行列ができたため、あまり詳しく話はできませんでしたが、とりあえず明日荷物を持って試してみたいと思います。(多分駄目な感じがするのですが)
 ちなみにこの出国審査官から「日本人か」と聞かれました。「そんな感じだ」と言われました。ヒゲを生やしていたから?それとも同じようにここに来る日本人が多いのでしょうか?

 次に、畹町鎮にある畹町口岸に行ってみました。ここの出入国審査の建物に「旅行」と書いたカウンターがあったので、そこの人に聞いてみると、「ここでは第三国人は出国できない」とのことでした。
 ここの口岸は第三国人に開放されていないので、この回答は大体予測していました。ただ、地球の歩き方(ミャンマー編)には「国境越えが可能なポイント」の一つになっていたので、確認してみたかったのです。

 ずっと雨が降っていましたが、この辺の国境歩きは面白かったです。姐告では国境の鉄柵越しに売店があったり(中国にいながらミャンマーの物が買える)。

 畹町では国境の細い川に小さい橋がかけられていました。

 犬が国境を渡っています。

 ここでは、国境検問所がない代わりに、お金を徴収するミャンマー人がいます。

 ここから陸路でミャンマーに入れなくても、ここまで来て良かったです。


旅行記:雲南省国境旅行


ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ

ツイートツイート

国境の街 瑞麗に着きました。

 本日21時にやっと瑞麗に着きました。結局、大理から保山経由でやってきました。大理から保山が2時間半。保山から瑞麗が5時間半かかりました。

 瑞麗は国境の街だけあって、ミャンマー人が多そうです。ミャンマーの文字で書かれている店もありました。さっき宿探しをしたのですが、ミャンマー人が経営している宿もありました。
 あと、この街の宿は他の雲南省の街と比べて、相場が高いです。そして、なぜかほとんどの宿は部屋に有線LANがなくインターネットができません。それなのに100元以上のホテルが結構あって驚きました。
 本日決めた宿も99元で部屋に有線LANがないのですが、WIFIが使えるというので決めたのですが、なぜかできません。後で確認したいと思います。現在は携帯の3Gでアップしています。
 とりあえず今晩はシャワーを浴びて、ご飯を食べに行きます。


 本日大理の下関で食べた朝ごはん。ソーセージ入りで3.5元。流行っているのか同様の店がたくさんありました。


旅行記:雲南省国境旅行


ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ

ツイートツイート

ミャンマービザとれた

 本日、無事にミャンマービザを取得できました。

 朝9時過ぎに領事館に電話すると、「昼1時に来い」と言われました。時間通りに行ってパスポートを渡すと、40分ほどでビザが貼られたパスポートを返却してもらえました。料金は285元。即日発行の値段でした。

 顔写真入りのビザは初めて。有効期限は3ヶ月。この期間中に入国したら、28日間滞在できるとのことです。入国場所は特に書かれてなさそうです。もしかしたら陸路入国できないかなと、少し期待してみます。(昨日はできないと言われましたが)

 これで安心して本日夜の大理行きの列車に乗れます。

8/23 K9632 昆明23:08-大理06:52 硬臥中段 86元

 明日の朝は、すぐに瑞麗に行く予定。もしかしたら芒市に寄るかも。


旅行記:雲南省国境旅行


ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ

ツイートツイート

昆明でミャンマービザ申請

 本日、ミャンマービザの申請に行ってきました。

 最初、中国のサイトの情報を頼りに威遠街というところへ行ったのですが、到着して聞いてみると、「とっくの昔に移転した」と言われました。昔の情報を鵜呑みにしていました。移転したのは知っていたのですが、ここが移転した所と思い込んでいました。

 もう一度スマホで調べてみると、彩雲北路というところで、世紀金源大飯店と対面にあるということでした。地図で経路を調べてみると、バスだと乗り換えが必要になるようだった。これは面倒なのでタクシーに乗ると、これが遠い。結局タクシー代は33元かかりました。

 ようやくミャンマー領事館に辿り着き、ビザの申請をしました。既に9時を過ぎていたのですが、開館時間は9時からで、自分が一番乗りのようでした。

 ミャンマーっぽい建物。ちなみに同じ敷地内にラオス領事館もあるそうです。

 まず、ビザがいつ発行できるかを聞いてみると、通常で5営業日、特急(中国語で加快)で3営業日とのことでした。つまり、本日木曜日に申請した場合、特急で来週の月曜日になるということでした。月曜日だとあと4日間も昆明に滞在しなければいけないため、それは困ると訴えたところ、明日の朝に一度電話しろと電話番号を渡されました。もしかしたら、明日に発行できている可能性があるということでした。なお、パスポートは預けておりません。受け取りの時に持っていったら、すぐに貼ってもらえるということでした。

 ビザの申請書を書いていると、「By Flight」か「By Land」を選ぶ欄があり、「陸路で入国できるの?」と聞いてみたら、やっぱり駄目でした。仕方なく、入国場所はヤンゴンにしておきました。

 ちなみに申請に必要なものは、パスポートと写真3枚があればOKです。パスポートの名前の欄と中国のビザ・入国スタンプの欄のコピーも必要ですが、なければコピーを取ってくれます。お金も必要ですが、受け取りの際の支払いでいいとのことでした。

 なんとか明日にビザを発行してもらえたらいいのですが。実は既に明日夜発の大理行きの列車の切符を買っちゃっているし。陸路で入れないとのことですが、地球の歩き方に書いてあるようにエントリーパーミットで国境の町に入ることができるのか、とりあえず中国側の国境の町の瑞麗に行って確かめてみたいと思います。その後は昆明に戻って飛行機に乗ろうかな。飛行機高いしどうしようかな。


旅行記:雲南省国境旅行


ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ

ツイートツイート