招商銀行の海外手数料

 先日の日記に中国農業銀行の手数料について書いたので、本日は招商銀行のキャッシュカードを使ってセブン銀行のATMでお金を下ろしました。

 今回も下ろした金額は15万円

 それにしても、農業銀行と比べると手数料が安いのが一目瞭然でした。
 農業銀行では91元だったのに対し、招商銀行では39元。下ろした金額とのパーセンテージを見ると、農業銀行が1.151%なのに対し、招商銀行では0.5%。半分以下です。

 レートについては、以下の通りとなります。

 yahooのレートは、1元=19.10円

 実際のレートは、1元=19.06円
  150,110 ÷ 7,874.32 = 19.06

 手数料を含めたレートは、1元=18.95円
  150,000 ÷ (7,874.32 + 39.37) = 18.95

 農業銀行の口座から下ろした日とレートが少し変動しているため正確には比べられませんが、招商銀行のほうがレートがいいかもしれません。

 レートについてはもう少ししっかり比較する必要がありますが、とりあえず結論は「中国農業銀行より招商銀行のほうがお得」です。

ツイートツイート

“招商銀行の海外手数料” への 12 件のフィードバック

  1. Uさん 御無沙汰しております!お元気ですか?私の中国入りも近くになってきました。少し教えて下さい。

    シャングリラからチベット自治区を少し通り、巴塘に抜けることはできますでしょうか?

    よろしくどうぞ。

    1. お久しぶりです。
      そういえば出発は今月でしたっけ。
      ブログに旅日記を書かれますでしょうか。期待しています。

      さて、ご質問の件ですが、チベット自治区へ入境する道路には検問所があるので、普通に通ろうとしても、まず無理だと思います。
      普通じゃない方法については残念ながら知りません。
      自分も途中にある徳欽へ行ってみたいです。

  2. Uさん!どうもです!
    そうですが、抜けられませんか。。。。
    シャングリラからリタンに行くにはどうしたらいいでしょうか?
    出発は4月に入ってからです。
    よろしくどうぞ。

    1. シャングリラからリタンだったら、バスもしくは乗合タクシーがあると思います。
      それか途中の郷城経由とか。
      あと、ちょっと寄り道になりますが、稲城の亜丁というところが中国人観光客に人気です。こちらは雲南のシャングリラ県に対抗してシャングリラ鎮となっています。

      1. 情報ありがとうございます!この情報はとてもありがたいです!!地図を見ますと、郷城、稲城の地名はありますが、道が全然無いので、無いものと思っていました。。
        これで、ラルンラルゴンバまで行けます!
        人のブログを見ますと、こちらの東チベットは土砂崩れが多いとか。。ほんとですか?Uさんも遭遇しましたか?

        1. 土砂崩れというか、道が舗装されていない所があるので、雨が降るとぬかるみがひどいようです。自分の時は11月で乾季だったのか雨がなく、なんとか耐えられるレベルでした。

          1. ありがとうございました!これでルート決定です!楽しみです!

    1. 情報ありがとうございます。
      が、「非公開のコミュニティのため、コミュニティに参加しないとトピックを見ることは出来ません。」とのことです。
      どのようなことが書いているのでしょうか?

    1. 以前クレジットカードでキャッシングしたら、自動でリボ払いになる設定になっており、損しちゃった覚えがあります。
      自分はだいたい銀行のインターナショナルカードを使ってました。最近はVISA Debitっていうのがあるそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.