中国農業銀行の海外手数料

 現在、1月に行った旅行の旅行記を書いております。やっと3日目まで書き終わりました。
 今回は作家気分でいつもと違う文体で書いているのですが、やっぱり自分には少々無理があります。文章を考えるだけで、かなりの時間を割いています。

 旅行記のほうに書いていますが、1月に北京に行った際に手続きをして、使えなくなっていた中国農業銀行のインターネットバンキングが使えるようになりました。
 インターネットバンキングを使いたかった理由は、定期預金を普通預金(中国語では活期)に戻したかったからです。そして、そのお金をセブン銀行で下ろしてみました。

 2月26日と28日にそれぞれ15万円ずつ下ろしました。セブン銀行で110円の手数料が付くようなので、正確には150,110円を下したことになっていると思います。
 支出金額にある91元というのは中国農業銀行の手数料。下ろした金額の1.151%になります。想像以上に高くてびっくりでした。

 次にレートを見てみます。
 2月28日に下ろした際の実際のレートを計算すると、1元=18.96円となります。
  150,110 ÷ 7,916.2 = 18.96

 そして、手数料を含めたレートは、1元=18.73円となります。
  150,000 ÷ (7,916.2 + 91.16) = 18.73

 ちなみに、yahooで3月1日現在のレートを調べると、1元=19.08円となっています。

 最初は手数料が高いと思ったのですが、レートで見るとそれほど悪くないのかな?計算間違ってないかな?

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.