長距離バスの休憩所

 また旅行ではありませんが、ちょっとだけ江西省まで行ってました。就職活動でもありません。

 帰りは直通で列車の切符を手配することができなかったため、湖南省の株洲と衡陽に立ち寄りました。そして衡陽からは、広東省方面の切符は一切手配することができなくなったため、バスで東莞まで帰りました。約9時間で340元。このバスに乗ったのは二日前のことですが、この日は湖南省でも雪が積もっていました。

 韶関でお昼の休憩がありました。店の名前が「衡陽何とか飯店」と書いていたので、衡陽からのバスはほとんどがここで休憩すると思われます。

 4種類のおかずを適当に御飯の上に載せています。しかも、御飯の炊き方も悪く不味い。それなのに20元もしました。
 他には10元のカップヌードルという選択肢しかありませんでした。

 実はこの一週間、ちょっと訳ありですごく気持ちが落ち込んでいたのですが、昨日それが勘違いということが分かったので、今は晴ればれしています。
 しかし、今朝、調子に乗りすぎて、約50kgの重量を無理な体勢で持ち上げたため、またまた腰痛になってしまいました。持ち上げた瞬間、プチってなったのを感じました。
 昨日までは心が落ち込んで何もやる気にならなかったのに、今日からは腰が痛くて何もできなくなってしまいました。

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.