玉屏と鎮遠を観光

 朝7時過ぎに時間通りに玉屏駅に到着。天気は傘をささなくてもいいくらいの小雨。寒いので上着を着る。駅からすぐ近くのバスターミナルで荷物を預ける。町まで1kmくらいなので歩く。
 途中で煎包というのがあったので買ってみる。1個7角。3個で2元にしてもらう。焼き肉まんって感じ。なかなか美味しい。
 ガイドブックに書いてあった鐘鼓楼を見る。誰もいないので外から見るだけ。写真を撮り終えたところで雨が降ってくる。傘をさして北門大橋に向かう。
 インターネットの情報によると北側の城壁と北門が残ってるらしいが、写真がないのでどんなものか分からない。北門大橋に着くと雨はだいたい止んだ。
 しかし北門大橋の近くには北門は見つからない。西の方へ歩いてみると城壁みたいなものは見つかった。あまりぱっとしないので本当に城壁か分からないが。もう北門は諦めて駅に帰ろうとしたら、建物の間に城門を発見した。一度通った所なのに、あまりに小さくて見逃してた。
 また歩いて駅に戻る。9時41分の列車に乗れそうだったので、急いで荷物を引き取り、切符売り場へ。しかし切符売り場はすごい行列。9時30分くらいにようやく切符が買える。
 駅に入って見ると改札はまだ始まってなかった。列車は遅れていた。結局50分以上の遅れだった。

 列車に乗り込み、11時20分に鎮遠駅に到着。荷物を預け、地図を買う。地図によると古城まで近そうだったので歩いていく。しかし、しばらく歩いてもなかなか辿りつかない。この地図は普通のと違い俯瞰図になっており、どうやら縮尺は適当なようだ。
 衛城垣を見た後、和平村旧址という所を見る。そして13時過ぎにようやく昼飯。豚肉とニンニクの芽炒めと御飯。17元。
 その後、古城を歩いて、石屏山風景区へ。30元。山を登る。いい景色だが結構つらい。山の上に府城垣がある。この辺で雨が降ってくる。小降りだが傘が必要なくらい。しかし、傘は駅で預けたカバンに入れたままだった。山を下りたころには、髪の毛と上着がびしょびしょになっていた。
 まだ時間はあるが、雨も降っているし、もう歩きたくないのでタクシーで駅へ。荷物を引き取り、上着を替え、切符を購入。

 今回の列車は鎮遠駅では30分遅れだったが、目的の福泉駅には10分遅れで到着した。福泉は駅から中心の城廂鎮まで10km以上離れているので、乗り合いタクシー(白タクワゴン)に乗る。10元。
 下ろされた所の近くにあった君安賓館に宿を決める。招待所みたいな表構えなのに120元と高いが、部屋の設備を見ると120元も妥当だと思える。
 ビールを買って、シャワーを浴びてから、ビールを飲む。

 シャワーの設備。上のライトみたいのは、とても暖かい。

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.