東チベットにいます。

 昨日は深センから成都へ飛行機で飛び、そのまま康定行きの車に乗ってしまいました。康定までは約6時間半。到着したのは夜中の1時過ぎでした。それでも宿の客引きがいたので、無事に宿泊することができました。

 本日は康定の街を1時間ほど歩いた後、新都橋鎮というところへ移動しました。そして、ここにもユースホステルがあり、ここで宿泊することにしました。
 ここは「撮影天堂(撮影天国)」と言われていて景色がとても綺麗だそうですが、今は季節のせいか、それほどではありませんでした。
 しかし、ミニヤ・コンカという山を見ることができたのは良かったです。

 チベットの高原の東の主峰で7000m以上あるそうです。中国語では貢嘎山
 宿に連れて行ったくれた地元の人が言うには、この山で日本人が死んでいるとのことでした。

 今いる新都橋も3300mあるようで、なんだか頭が痛いです。今日はゆっくりして、明日朝からリタンに向かいます。


ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ

ツイートツイート

「東チベットにいます。」への5件のフィードバック

  1. 中国ミャンマーの国境の話の続きを書いてほしいです。
    あとちょっとで行く予定なので、興味があります。

    1. リクエストありがとうございます。先ほど中国内での続きをアップしました。以前に書いていたのにすっかり忘れていました。

      結論を書いてしまうと、陸路では行けませんでした。
      ただ、9月にあったニュースでは10月には第三国人も国境を渡れるようになるということだったので、是非とも挑戦していただきたいです。そして、その結果を是非教えていただきたいです。

  2. 参考になりました、行った際には報告差し上げます。
    なお、タイミャンマー国境は三国人も通れるというのは最近有名ですが
    中国ミャンマーも通れるようになるという情報は初めてでした。
    その通れるというのは、ブログ主様がツアー会社を付けてならという条件ではなく
    旅行者一人でもOKという意味だったのかだけご存知であればお教えください。

  3. ありがとうございます。
    翻訳してみたところ、普通に行けることが分かりました。
    中国人の友人にも確認しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.