昆明でミャンマービザ申請

 本日、ミャンマービザの申請に行ってきました。

 最初、中国のサイトの情報を頼りに威遠街というところへ行ったのですが、到着して聞いてみると、「とっくの昔に移転した」と言われました。昔の情報を鵜呑みにしていました。移転したのは知っていたのですが、ここが移転した所と思い込んでいました。

 もう一度スマホで調べてみると、彩雲北路というところで、世紀金源大飯店と対面にあるということでした。地図で経路を調べてみると、バスだと乗り換えが必要になるようだった。これは面倒なのでタクシーに乗ると、これが遠い。結局タクシー代は33元かかりました。

 ようやくミャンマー領事館に辿り着き、ビザの申請をしました。既に9時を過ぎていたのですが、開館時間は9時からで、自分が一番乗りのようでした。

 ミャンマーっぽい建物。ちなみに同じ敷地内にラオス領事館もあるそうです。

 まず、ビザがいつ発行できるかを聞いてみると、通常で5営業日、特急(中国語で加快)で3営業日とのことでした。つまり、本日木曜日に申請した場合、特急で来週の月曜日になるということでした。月曜日だとあと4日間も昆明に滞在しなければいけないため、それは困ると訴えたところ、明日の朝に一度電話しろと電話番号を渡されました。もしかしたら、明日に発行できている可能性があるということでした。なお、パスポートは預けておりません。受け取りの時に持っていったら、すぐに貼ってもらえるということでした。

 ビザの申請書を書いていると、「By Flight」か「By Land」を選ぶ欄があり、「陸路で入国できるの?」と聞いてみたら、やっぱり駄目でした。仕方なく、入国場所はヤンゴンにしておきました。

 ちなみに申請に必要なものは、パスポートと写真3枚があればOKです。パスポートの名前の欄と中国のビザ・入国スタンプの欄のコピーも必要ですが、なければコピーを取ってくれます。お金も必要ですが、受け取りの際の支払いでいいとのことでした。

 なんとか明日にビザを発行してもらえたらいいのですが。実は既に明日夜発の大理行きの列車の切符を買っちゃっているし。陸路で入れないとのことですが、地球の歩き方に書いてあるようにエントリーパーミットで国境の町に入ることができるのか、とりあえず中国側の国境の町の瑞麗に行って確かめてみたいと思います。その後は昆明に戻って飛行機に乗ろうかな。飛行機高いしどうしようかな。


旅行記:雲南省国境旅行


ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.