平板電脳

 昨日ノートパソコンを買うつもりで華強北に行ったのですが、結局タブレット端末を買ってしまいました。中国語では「平板電脳」。
 PLOYERという会社のmomo11というやつ。いわゆる中華PAD。Blue Toothがついていないので購入を躊躇したのですが、店員が可愛かったので結局それを買ってしまいました。

 まだあんまり触ってないけど、いろいろと使えそう。

 ノートパソコンはASUSにしぼっていろいろ調べたところ、中国でも日本と同名のモデルが売られています。しかし、同名のモデルでもスペックが微妙に違うのです。メモリやハードディスクの容量が違ったり、CPUが違ったり、USB3.0がついてなかったり。また、店によっては海賊版OSだったり。今のところ希望にかなうものがなかったので、とりあえずノートパソコンの購入は保留しました。

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.