中国工商銀行の海外手数料

 前回の旅行では主に中国工商銀行の銀行カードを使って、現金を引き下ろしました。
 オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、インドネシアそれぞれで下ろしたところ、どれも以下の2つの手数料がかかっていました。

 異地費 引き下ろし金額の0.5%
 跨行費 一律12元

 この2つの手数料は中国国内で下ろしても同様にかかります。異地費は口座のある銀行所在地以外の市で下ろすと同様に0.5%。跨行費は中国工商銀行以外の銀行のATMで下ろすと4元くらいかかります。(一律かどうかはよく分かりません)

 通貨の交換レートはどのように決めているのかよく分かりませんが、両替所のレートと比べるとそれほど悪くなかったように思います。

 ちなみに、オーストラリアでは2AUD(12元くらい)、インドネシアでは20,000IDR(11元くらい)の現地銀行の手数料が別途かかりました。これはどの銀行のATMでもそうなのか、この銀行のみ特別だったのかどうかはよく分かりません。
 この手数料がかかるとなると全体の手数料はかなり大きくなってしまうので、銀行カードを使うのは勿体ないような気がします。


 シンガポールドルを500ドルも下ろしてますが、結局100ドルも使ってないので大量に残ってます。

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.