“中国の端っこまで” への 8 件のフィードバック

  1. ふらっとお邪魔させて貰ったらなんと!また旅に出られてるのですね!
    前回はウラジオストクでしたが今回はハバロフスクですか
    東北も行ってみたいです

    1. ほんと何やってんだかです。
      ハバロフスクへ行けるのか、まだ分かりませんねえ。

      黒竜江省は広いので、移動に時間がかかって大変です。

  2. おかえりなさいませ
    僕も桂林から帰ってきました。
    時間がもっとあれば貴州の方まで行きたかったです
    なまさんは休みが多くて羨ましいです!

    1. 陽朔のほうまで行きましたか?
      休みが多いというか、仕事してないだけですけどね。

  3. おお、中学生の頃授業で習ったターチン油田はここでしたか!
    あのころは中国がこんな風になるんて思ってもみませんでした。
    左翼教師たちは「これからは中国の時代だ」なんて言っていましたけど。

    1. 中学でそんなん習うんですね。自分は語学留学した時に初めて大慶について知りました。先生が大慶出身だったからですが。
      その時に、駅前でもカックンカックンしているというのを聞いて、ずっと気になってました。

  4. 阳朔に滞在してました。
    兴坪にも行ってみたかったんですけど疲れて行けませんでした。
    というか漓江氾濫してました。
    あ、ごめんなさい!勘違いしてました。
    でも僕もぱぁーっと長期間旅に出たいですね、あはは

    1. 漓江が氾濫するんですね。
      自分がゴールデンウィークに行った時はどうだったかなと思い起こせば、自分が行ったのは春節の頃でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.