カップヌードル

 中国でも日清のカップヌードルが売られてます。中国語で合味道。多分、日本以上に味の種類が多いです。
 どの味が美味しいのか試してないので分かりませんが、以前会社の人が「エビ味が日本のカップヌードルの味と同じだ」と話しており、それ以来、エビ味ばかり買ってます。確かに、同じような気がします。エビ味となってますが、肉も卵も入ってます。
 最近、以前よりパッケージが新しくなり、サイズも大きくなりました。それから、以前はフォークが入ってたと思いますが、新しいのには入ってませんでした。

 あと、更新情報ですが、とりあえず中国の各都市情報は古いものは全てアップできました。広州深圳三亜陽朔厦門泉州については新しく更新しました。昨年より訪れた新しい都市については、今後アップする予定です。
 また、明日あたりより、namachina.comがレンタルサーバの更新手続きをしていないので、消えてしまうと思います。

ツイートツイート

「カップヌードル」への4件のフィードバック

  1. ご無沙汰しております。
    お仕事順調ですか?

    中国の日清カップヌードルですが、進化していますよね?
    最近では、レンジで作れるようになっていました。
    水からもOKですし、お湯からもOK(お湯の方が早くできます)。
    写真のやつもそうですか?
    レンジOKの奴は、カップが以前とは違う感じでした。
    値段は確か同じだったかと・・
    もちろん普通に作ることもできます。

    1. 本当にご無沙汰してます。仕事は慣れてはきたけど、うまくはいってません。
      ゴミ箱に入れたカップを確認してみましたが、レンジは駄目でした。
      でも、本当に日清は頑張ってます。ラ王もUFOもあるし。カップ春雨もなかなかいけます。味噌のラ王、ソース味のUFO、カレー味のカップヌードルがあればもっといいけど。
      あと、明治もチョコレートで頑張ってますね。カールも出してほしいな。

      1. ちょっと気になってネットで調べたら、
        「開杯楽(开杯乐)」
        http://www.kaibeile.com/wuyu.html
        となっていました。
        これの新しいパッケージがレンジ調理できる奴のようです。
        私がレンジで食べたのもコレです。

        「合味道」も確かに見たことがありますが、
        ひょっとしたら南の方の名称なのかも知れません。
        香港でもたしか合味道でした。
        ジャスコが北では「佳世客」、南では「吉之島」みたいなもんでしょうか。

        お仕事がんばって下さいね。

        1. そういえば「開杯楽」って記憶にあります。「合味道」は香港での名称で、広東省でも使用されてるってことでしょうか。やっぱ広東省だけ知っても、中国を知ったことにはなりませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.